広々洗面室

洗面室は、家族の使用頻度が高い空間です。手洗いや洗顔、お化粧やヘアセット、入浴の前後と家族みんなが多目的に使用する空間です。ここに洗濯機を設置する家庭も多く、家事を行う空間としても大事なのです。家族みんなが生活を送る上でも、家事を行う上でも利用しやすい空間にしておきたいものです。

この洗面室の広さは1坪が一般的と言われていましたが、最近では1坪以上の広さに余裕のある洗面室が設けられることが多いです。広さのある洗面室にすることで、大きさのある洗面台を設けることができます。大きな鏡張りにダブルボウルの洗面台を設けておけば、家族が2、3人並んで同時に歯磨きを行ったり、身支度を進めることができます。身支度を行う朝の時間帯は、洗面室が混み合います。特に女の子の多い家庭では洗面室が取り合いのような状態になることもあるでしょう。家族が同時に2、3人並んで身支度を行うことができれば朝のバタバタも解消されます。

鏡の奥には家族それぞれに専用の収納スペースを設け、ヘアゴムやヘアピン、コンタクト用品や整髪料などきちんと整理できるようにしておくのです。このような洗面台を設けると同時に、収納スペースをしっかりと確保しておくことも大事です。いろいろな目的で使用されるこの空間は物で溢れてしまいがちです。そうすると一気に生活感で溢れてしまいますし、利用しにくくもなります。そこで天井いっぱいに広がる洗面クローゼットを設けて、一か所にここで使用する必要な物をきちんと片づけられるようにするのです。

タオル類をはじめ、家族の下着やパジャマ、シャンプーなどのストック、洗濯関連用品などここに整理します。必要な物がきちんと揃えられていることで利用のしやすさも実感できます。家造りというとついリビングばかりが重視されますが、洗面室にも注目して家造りを行いましょう。

素敵な庭に

家造りというとつい室内の快適性ばかりに注目してしまいがちです。室内の快適性も大事なのですが、子どもを思い切り庭で遊ばせることができたり、家族が友人達とバーベキューをしたり、お茶を飲んでくつろいだりアウトドアリビングを楽しめる住まいにすることでより住宅への満足度を高められると思います。

そこで、プライバシーを確保した庭にしておきましょう。目隠しフェンスを設置すると今までは室内から眺めるだけだった庭を、くつろげたり、子ども達を遊ばせたりとより多目的に活用しやすく、生活空間の一部となるのです。

フェンスの素材も多く、住宅の外観の合わせて選ぶと住宅全体のまとまりが高められます。樹脂性なら腐りませんし、メンテナンスも楽で、カラーバリエーションも豊富であるため雰囲気に合わせて色味を取り入れやすく、手頃な価格でるのもとても魅力的です。天然木のフェンスは、ハードウッドであれば耐久性が高く、重厚感や木の風合い、素材感がとても魅力的で庭にも馴染みやすくなります。素材に注目するのと同時にフェンスの高さや幅にも注意しましょう。

目隠しフェンスなのに低すぎたり、幅が足りないということになれば気になる近隣住民や通行人の視線を遮ることができず、プライベートな空間を保ちにくくなります。大人の目線が隠れるのは180㎝程度です。フェンスの高さや幅に注目し、庭で過ごす時の目線を重視するのか、室内から見た場合の目線を重視するのかで求められるフェンスの高さも違ってくるので気をつけておきましょう。

外構工事は十分な予算を充てられなかったという家庭も多いですが、最高の庭を手に入れるには外構工事までが家造りという考えをしっかりと持ち計画するようにしましょう。

広縁のある和室

住宅のテイストが多様化する中、和室のあり方も多様化しています。今までのような床の間や長押のある純和風の和室は数を少なくしてきました。モダンでいかに洋風住宅に馴染むかというのがポイントとなっているのです。

そこで我が家は今では懐かしささえ感じさせる広縁のある和室を設けました。一体感のあるLDKに隣接させて和室を配置しました。リビングとの一体感を大事にすると同時に広縁を設けたことで庭との一体感も大切にすることができています。広縁は日当たりがいいので冬の日向ぼっこにも最適です。窓を開けっぱなして自然をより身近に感じることもできます。庭の景観を楽しみながらお茶を飲んでホッと一息つくのが最高の至福の時でもあります。庭で思い切り遊ぶ子ども達を眺めながらママ友とお茶をすることもありますし、夫婦で夜空を眺めながら晩酌することもあります。

広縁と和室の境には建具を設けています。広縁の天井には室内干しを完備しました。ここに洗濯物を干す場合は、和室の景観を損なわないように建具で洗濯物を見えなくするのです。これなら客間としてお客様を迎え入れることもできますし、生活感を一切感じさせません。悪天候時や夜洗濯を行う場合はこの室内干しが活躍しています。洗濯機のある洗面室からの動線も短いですし、屋外用の洗濯物干し場と室内干しが隣接しているので洗濯物の移動もスムーズに行えるのです。和室の居心地の良さを高めるだけでなく、毎日の家事を円滑に行える和室にもなっています。

空間を優先した収納

収納用品を買う前に
本当に必要な物だけに絞り、使わないものを手放すことで、物に振り回されずにシンプルで楽な収納に近づく事ができます。

1年間使っていないものを手放す
まずは期限を決めて物を減らします。いつか使うかもしれない、これがあると便利だという物に生活空間を占領されていますが、判断基準として、1年間と決めましょう。クローゼットとか、下駄箱とか、1箇所ずつ不要な物を全て処分していきます。

使い勝手のよい収納用品を選ぶ
物を減らす作業が終わったら、収納場所に合った収納用品を選びます。スペースのサイズを測り、空間を最大限に有効利用できれば、物が減っているので、余裕のある収納ができます。

楽な収納
物がたくさんあると、収納は複雑になりますが、少なければ、ゆとりのある空間ができるので、出し入れや管理にイライラすることもなくなります。

収納できる分だけの物を持つ
物を買うときは、捨てる事を考えません。買った物は、必ずどこかに収納することをイメージし、今持っているものを手放す事を考えます。たとえ靴下1足でも、買ったら捨てる事を考えていけば、物があふれ出すことが無く、収納上手でなくてもスッキリした暮らしを手に入れる事ができます。

快適な収納スペース、快適な居住スペースを作りたいなら、まずは不要な物を手放して、空間を確保しましょう。自分たちに必要な物を見極め、それに合う住まいや空間を選んでいくことが大切です。そうすれば人生の変化にも柔軟に対応できるようになるでしょう。

快適なバスタイムに

お風呂は一日の身体の汚れを落としてくれる場所であるだけでなく、心身共にリラックスできる場所でもあるのです。浴室の快適性を高めるには浴槽に注目してみるといいと思います。浴槽の形状は立方形から最近では寝そべりやすいように壁に傾斜や手すり部分をつけたり、体にフィットする曲線を使うなど、のんびりとくつろぎながら入浴できる工夫が凝らされています。

浴槽内に半身浴用のステップが設けられたものもあり、浴槽でゆったりと浸かりながら読書をしたり、テレビを見たりと自分の時間をより満喫できる空間とすることができるのです。また、以前の浴槽は床に置いた形のため高さがあり、圧迫感を与えていたのですが、最近では半分が床の下にある半埋め込み式になったことで浴室がより広く感じるようにもなっています。

家族で入浴することの多い家庭ではスーパーワイドの浴槽もあり、家族みんなでゆったりと入浴できるのです。浴室はただ体の汚れを落とすだけでなく、親子や家族のコミュニケーションの場の一つでもあるのです。浴室は疲れを癒し、リラックスできる空間ですが、滑って転んだり、浴槽で溺れるなどの事故が多い空間であることも忘れてはいけません。

滑りにくく、衝撃を吸収してくれるクッション性のある床を選択したり、脱衣所から浴室への出入り口に段差をなくし、スムーズに行き来できるようにしたり、立ったり、座ったり、またいだりと動作が多いだけに、つかまりやすい位置に手すりを設置して浴室内の安全性を確保することも忘れてはいけません。安全性の確保をしっかりと行い、快適なバスタイムが送れるようにしたいものですね。

サンルーム

我が家はリビングに面してウッドデッキを設けました。このウッドデッキ部分の前面と側面にはパネル扉を設けてサンルームにしました。パネル扉は、天候に合わせて自由に開閉できるため、その時々で最高に居心地のいいアウトドアリビングが広がるのです。サンルームは第二のリビングとして多目的に過ごすことができます。

リビングとサンルームの境には段差を設けないようにしました。段差なくフラットに繋がることでつまずく心配もなく、小さい子どもから高齢者まで安心して行き来ができます。またサンルームをより身近なスペースと感じられ、いつもでも大切にしようという心掛けにも繋がるのです。室内のリビングでは得られない明るさや開放感が広がるため、庭との一体感や自然を肌で感じることができ、贅沢な時間が流れます。子どもが遊ぶスペースとして過ごしたり、ペットとのふれあいスペース、お茶をしたり、食事をしたりとリビングの延長として利用できるのです。

悪天候時でもパネル扉を閉めれば利用できます。ここには洗濯物干し場としても利用しています。天候に左右されることなく洗濯物を干すことができるため毎日の家事を円滑に進められるのも嬉しい点です。デメリットは、夏はサンルーム内が高温になってしまうことです。内部日よけやカーテンなどを取り付け、日差しをやわらげエアコンなどの冷気が逃げるのを防くようにしておくといいのです。冬は晴れていないと寒いです。増築に比べると気密性が低いので室内に比べると寒いのです。しかし、室内は二重窓効果で温かくなります。庭や自然との一体感を得られるサンルームはおススメです。

二階で過ごす時間

我が家の子ども達はまだ小さいこともあり、一階で過ごす時間と二階で過ごす時間を比較すると断然、一階で過ごす時間の方が長いです。しかしせっかく建てたマイホームの二階は寝る時しか利用しないというのでは、空間がもったいありません。そこで我が家は、二階で過ごす時間も大事にできるように、階段を上がった先に多目的に使用できるスペースを確保したのです。

昼間は子ども達の遊ぶスペースとして利用しています。今までリビングに並べていた子どものおもちゃを二階ホールに並べたことで、リビングがスッキリとおもちゃが散らかりにくい空間となっています。まだ小さい子ども達だけで二階ホールで遊ばせても、吹き抜けを通して子ども達の様子が伝わってくるので、安心できるのです。気になる時は吹き抜けに向かって声をかければ、一階と二階で会話もしやすいのです。

ここにはカウンターを造りつけているので、現在は旦那さんの書斎スペースとして利用しています。子ども達が成長すればスタディーコーナーとしても利用できます。またこの二階ホールには室内干しを設けました。雨の日や外出して帰宅が遅くなる時などこの室内干しが重宝しています。一階で冷暖房を使用すればその風で衣類もしっかり乾きます。いろいろな用途で使用できる二階ホールを設けたことで、二階で過ごす時間が格段に増えました。一階で過ごす時間と同様に二階で過ごす時間も大事に考えてあげるべきだと思います。

ベランダ

ベランダはどれくらいの広さで、どこに設けるべきか家造りを行う際に意外と頭を悩ませます。ベランダでは、主に洗濯物を干したり、布団を干したり家事を行う場でもありますが、アウトドアリビングを楽しむ空間として活用する家庭も多いです。我が家のベランダは、寝室からも子ども部屋からも行き来ができます。

このベランダには奥行を確保することを第一優先しました。奥行が狭いと、洗濯物が窓に当たって汚れることもありますし、洗濯物だけでなく、布団も非常に干しにくくなるのです。子どもが成長すると洗濯物も増えます。奥行のあるベランダがあれば、洗濯物をゆったりと干すことができますし、布団もたくさん干せます。

我が家は寝室からも子ども部屋からも動線を確保しているので、各部屋の布団を動線短くベランダに干すことができるのです。そして、ベランダに水栓とコンセントを設けました。小さなボウル付きの蛇口を設けました。ベランダを掃除する場合やベランダでプールをすることを考え設けました。そして防水コンセントも設置しました。掃除機でベランダを掃除したり、ベランダでホッとプレートで焼き肉をしたりすることができます。

ベランダを洗濯物や布団を干すだけのスペースとして利用するのではなく、アウトドアリビングを楽しむことができるベランダにしたかったのです。二階からの眺望を楽しみながら、食事をしたり、夫婦で晩酌できるようにしっかりと環境を整いておいたのです。ベランダを設ける際には、どのような活用法をするかで奥行も設備も変わってくるので、しっかりと考えてベランダを設けましょう。

大手ハウスメーカーVS工務店

家造りを始めるにはまず依頼する業者を選ばなくてはいけません。我が家はまずこの業者選びに時間をかけ、本当に信頼できるパートナーであるかを見極めたのです。そしてこの業者の人に土地選びにもアドバイスをしてもらい、土地を決めて、家造りを始めたのです。経験豊富で提案力のある業者は、住宅無知な我々家族には重要な存在でした。大手ハウスメーカーから地元の工務店まで合わせると数多くの業者が存在します。

その中から一社を選び出すのは容易なことではないのですが、家造りで一番重要とも言える部分でもあるだけに時間を費やしていいと思います。まず大手ハウスメーカーと工務店の特徴を知ることで、どちらが自分達に合っているかが見えてきます。大手ハウスメーカーの特徴は、会社としての規模が大きく、社会的ブランド力を持っています。

営業・設計・施工など各部門の人材がそれぞれにしっかりと教育されています。モデルケースを多数持っているため、その中からプランを選ぶことができ、部材も工場生産のため早く、施工もマニュアルに従うため時間がかかりません。広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされるため、価格がどうしても高くなるのです。利益第一の体質から、営業が強引になることもあるのです。

地元に密着した工務店は、地域での評判を大切にするため、施工はもちろん引き渡し後のメンテナンスにおいても重要視しています。建築主の希望を第一に考えてくれ、大量生産とは異なる一品生産を実現できるのです。しかし世間一般的に会社規模が小さいため不安視する人も多いです。洗練されたデザインや提案力に欠けると感じる人も多いのです。まずは大まかな特徴を知り、どちらが適しているかを見極めてはどうでしょうか。

和室の動線

先日遊びに行った友人宅は和室を回遊型動線にしていました。従来は玄関近くに独立した和室が設けられることが多かったです。しかし最近では、リビングを広めに確保してリビングの一角に和のスペースを設けたり、リビングの延長上に和室を設ける間取りが人気となっています。リビングに隣接した和室にすることで普段使いできる便利な空間となるのです。

友人宅は和室を回遊型にしたことで、玄関から直接和室へ行ける動線と、リビングとの動線を得ていました。今の人気の間取りとなっているリビングと隣接した和室なので普段はリビングの延長として多目的に和室を利用できます。いざという時は、リビングとの境に設けられた建具を仕切って、和室を客間として利用することができます。時に、リビングを見られたくないお客様が来ることがあります。その時に玄関から直接和室へ行ける動線を確保しておくことで、和室を客間としても利用できるようになるのです。行き止まりのない回遊型動線は住宅内の動きをスムーズにしてくれます。特に和室を多目的に使用する場合、ここを回遊型にすることでより便利で充実した空間の利用方法ができるのです。

動線を確保すると収納スペースが少なくなってしまうというデメリットもあります。和室をどのように活用させたいかというのを一番に考えてみましょう。我が家はリビングの延長上に和室を設けました。リビングの延長として子どもの遊び場、昼寝の場所、着替えのスペース、家事を行う場所、そしていざという時は宿泊ルームとして活用できるので便利さを感じています。和室は数を少なくしていますが、和室を大切にして使い勝手のいい空間にしましょう。

←Older